低身長 治療

低身長の治療

低身長が病気の場合の治療法を紹介します。
ただ身長を少しだけ高くしたいなぁという人は残念ながら当てはまりません。

 

あくまでも病気による低身長の治療法です。
子どもの低身長は、成長ホルモンが大きく関わってきます。

 

まずは小児科に行って診察を受ける。
その後、成長ホルモン治療などの治療が必要ならば専門の病院を紹介してもらう。
治療が必要と判断されれば、多分、紹介状を書いてもらえます。

 

治療

 

低身長治療は医療費が高額なので、小児科慢性特定疾患による公費補助金を受けることが可能。
この治療、めちゃくちゃ高くて実費だと月額100万円ほどするとか・・・
そして、成長ホルモンに関わる治療という事で、基本的に高校生あたりまでが限度のようです。
身長が150cmに達すると終了となります。

 

治療法は、成長ホルモンを促す注射を打つことになります。

 

病気じゃない!身長を少し伸ばしたい方はコチラ

 

一般的に身長を高くする医療は、病院以外だと美容形成などになるのかな?
あまり情報がないのですが、あったとしても高額な事にはかわらないと思います。
身長を高くする方法は、まだありますので、以下のページを参照して下さい。

 

 

治療外の子どもにはコチラ

 

【MAX GPC α】で、子どもたちの成長を強力サポート

 

低身長の治療関連ページ

日本人の平均身長
日本人の平均身長を年齢別、男女別に表にまとめました。自分の身長は、平均より高いのか低いのか参考にして頂ければと思います。
身長のコンプレックス
男性の身長コンプレックスは低身長なこと。女性の身長コンプレックスは高身長なこと。対照的な男女の悩みの傾向ですが、恋愛が関わると悩みが一層深くなるようです。
身長を伸ばす方法
昔からの言い伝えやネットで話題になっている現代的な身長を伸ばす方法をお教えします。本当に牛乳を飲んで背が高くなるのか?走ったり跳んだりしただけで身長が高くなるのか徹底検証しました。
身長と睡眠の関係
良質の睡眠は、身長を伸ばすことにもつながります。快適な睡眠環境、睡眠時間をとることで成長ホルモンを正常に分泌して身長の伸びを促進させます。子供は特に睡眠が大切になってきます。
身長を伸ばす(ストレッチ編)
身長アップに欠かせないのが運動です。運動は苦手という人には、とっておきのストレッチ方法があります。誰でも簡単にできる背を伸ばすストレッチ方法です。もちろん場所も取りません。
身長を伸ばす(食べ物編)
身長を伸ばす栄養素や食品を紹介。普段の生活で取り入れやすい食品から一緒に摂ると効果が倍増する栄養素も紹介しています。身長を伸ばす食べ物の一覧表も作ってみました。
身長を伸ばす(サプリ編)
身長を伸ばす栄養素はアルギニンとカルシウム。吸収率が悪いのでサプリメントで補うのがおすすめです。売れ筋のサプリメントを紹介しています。